経営に即した動画コンサルティング・ビデオ制作・動画制作・動画配信セミナー

マニュアルビデオ制作

マニュアルビデオ制作

マニュアルビデオはあらゆる技術の伝承

組み立て
動画マニュアル・eラーニング(e-learning)ビデオとも、そうなのですが、これらは技術の伝達・伝承になります。

製造業でもサービス業でも同じですが、作業工程や営業ノウハウを伝えなければなりません。これをその都度、研修会場に人を集め説明するのでは大変です。

重要なのは
サービス業でも製造業でもノウハウは現場にあるということ

その現場を記録してマニュアル化するのが、動画マニュアルの重要なところ。

企業内では、社内ネットワークを使って技術の共有(伝承)を行います。これはナレッジマネージメントですね。『技術やノウハウは現場にある』ということです。

社外に向けては、情報・ノウハウの訴求・販売となります。

広告動画を上回る社員研修動画の利用率

2013年にアメリカで行われた調査で、動画を社員教育に取り入れている企業の割合は51%で広告宣伝より高いことが分かりました。

広告動画を上回る社員研修動画の利用率

さらに、この調査では社員研修動画にアクセスできる従業員のうち、23%の人が毎日、28%の人が毎週、その研修動画を視聴していることもわかり、今後ますます研修動画の活用が進むとみています。

本当に技術を伝えられない

検査工程

「会社で動画マニュアルを作っている」という話をよく聞きます。

たとえば製造業で国内拠点と海外拠点があり、売り上げの約7割が海外拠点での売り上げとなっていて、国内と海外で品質や生産性など統一の必要性があり問題・課題が多く、なかなか生産が安定しない状況が続いているというのです。

現在、国内から多くのスタッフを海外支援として出しているが、支援や教育の面でレベルのバラツキやら管理面での、いろいろな問題・課題が多く大変な状態。

なんとか支援体制の面からレベル統一を考え、そのための教育資料のひとつとして動画マニュアルを作成されるのです。

マニュアルをビデオ化して説明するのが一番効率よく、割安で確かです。

海外拠点での生産性低下や品質面での問題の多くが、拠点の現場管理が不十分であり、また国内からの支援についても体制や個人のスキルが不十分であるのが原因で

急きょ、支援用のプロジェクトを組んで、拠点の現場管理能力の強化と支援者の育成・スキルアップが必要になり、そのための体制づくりとインフラ整備をしようとしても時間がかかる。

その前に、日本国内での標準書や手順書の準備が必要で、この辺りをビデオ化しながら取り組んで動画マニュアル化し各国に向けてローカライズしていく。こういうことが重要なのです。

ここで、皆さん動画は撮影できるが編集作業が難しく悩んでいるようです。

編集作業は、すなわち動画の構成ですから作業の標準化、手順化ができていないと編集できないということです。

この部分は、弊社のマニュアルビデオ制作や動画編集代行サービスを活用いただけたらと思います。
人材を海外に送り込んでいたら大変ですから、マニュアルのビデオ化が重要なのです。

撮影業務/編集・エンコード代行業務はこちらをクリック

動画マニュアルの活用例として

具体的な方策

会議風景
例えば製造業で当面の最重点課題は、海外拠点の「パフォーマンス向上=収益改善」であり海外拠点においては、今後生産が増える中で生産性の低下や品質面での問題が多数発生している。原因として、生産の三本柱(現場管理力、生産技術力、生産管理力)の弱さが要因である。

という場合

日本側

海外支援体制強化(国内拠点)

①インフラ整備

  • マニュアル・基準書の作成・整備
  • カリキュラム、教材の作成
  • 業務実施者の教育、評価、認定
  • 支援の専任体制化、人材の確保、ローテーション計画
  • 人材育成業務体制・計画の策定、調整

②教育・指導仕組みづくり

  • 支援体制/組織の確立・専任化(各部署から選任チーム選出)
  • 拠点トレーナー教育と監督者教育、フォロー
  • 監督者・作業者向けマニュアル整備(指導用ビデオ作成)
  • 組織としての支援ではなく、出張(出向)者の個人の力量まかせとなっている⇒テキスト、マニュアル類の整備、基準書・マニュアルのビデオ化
  • 監督者、作業者の教育と力量評価管理
  • 支援部門のレベルUP(研修センター・体制づくり)
  • 技術支援部門の業務明確化・スキルUP

拠点側

①人材採用・定着化計画(監督者・作業者のレベルアップ)

②年間計画(日本側への計画的支援の要望)

③受け入れ体制の整備(支援回数・人数の増加)

などが、考えられます。動画マニュアルは経営計画と深い関係があるのです。

経営と『映像制作の流れ』ついて詳しくはこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社アトミックPV All Rights Reserved.